So-net無料ブログ作成

宮城県中部 震度5強 原発への影響は [地震]

気象庁によると、18日午後2時48分ころ
東北地方で強い地震が発生し、宮城県中部
震度5を観測しました。

同県石巻市役所の防災対策課の及川剛勇主幹によると
「横揺れが静かに数秒続いた後、『ドン」と下から突き上げるような縦揺れ起きた」
と話しました。


同市によると、現在被害は報告されていませんが、実態把握に努めています。

発生時刻    2013年05月18日 14時48分ごろ

震源地      福島県沖

緯度/経度   北緯37.7度/東経141.6度

深さ 50km

規模 マグニチュード 5.9





各地の震度は次の通り。

 震度5強 宮城県石巻市

 震度4 宮城県塩釜市、東松島市、栗原市、登米市、名取市、角田市、岩沼市
美里町、大河原町、丸森町、亘理町、女川町、福島県二本松市、南相馬市
相馬市、田村市、伊達市、本宮市、桑折町、川俣町、楢葉町、浪江町、新地町
天栄村、飯舘村、玉川村


仙台空港事務所によると、滑走路に異常がないか調べるため
同空港は発着を見合わせています。

JR東日本によると、東北新幹線は地震発生直後に
新白河駅~水沢江刺駅の上下線で一時、運転を見合わせましたが
間もなく再開したそうです。

東北電力によると、この地震で女川原子力発電所への影響はないそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。